カタログギフト 割引 ステーション

カタログギフトの割引の情報基地

枝雀さんの「まんじゅうこわい」

枝雀さんの「まんじゅうこわい」

長屋の若い連中が寄って好きなもの嫌いなものの言いあいをしている。狐がこわ いという奴やら、おやっさんの怪談咄やらがあって一座が盛りあがっているのに ひとりだけ光つあんという男が知らん顔して座ってる。無理やり仲間にひき入れて こわい物な聞き出すと、これがなんと「まんじゅう」。そればかりか「まんじゅう」 という言葉を耳にしただけでも気分が悪いと、真っ青になって家へ帰ってしまう。 残った連中は不思議なことがあるもんやと感心していたが、中の一人が常平生お さまりかえってる光つあんをまんじゅうでいじめたろやないかと提案。全員一致で 可決する。すぐにまんじゅうを山のように買い込んで光つあんの家へ放り込んだが、 コトリとも反応がない。さてこそショック死かと中を覗いてみると、光つあんがう まそうにまんじゅうなばくついている。だまされたと知った連中が、「あんたのほ んまにこわいもんは?」とたずねると、「濃いお茶が一杯こわい」。

Category: 未分類

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*